タマホーム 評判

無料!タマホームやその他ハウスメーカーの総額や間取りプランがもらえます!

 

タマホームの実際の評判

タマホームといえば、通常の住宅メーカーよりも格安で家が建ててるという事で人気急上昇中ですが、何故こんなに安くていい家が建てられるのでしょうか?

 

 

世間でいろいろなタマホームの評判を聞くわけですが、ここではどうしてタマホームがそんなに住宅業界の中で評判が良いのか説明致します。

 

 

その訳は全国規模で展示場やタマホームの営業所を設置して大勢のお客さんを集めて家を建てながら、少ない利益でも多く販売することで利益を得る仕組みにしているからです。

 

 

そのための工夫として何パターンかの間取りを設定して、規定サイズの材料を大量に作る事と設計の手間を省く事によってコスト削減しています。

 

 

普通の住宅メーカーだったら家の建築と内装以外の基礎工事や電気工事はそれぞれ別々の業社へ委託するのが普通ですが、タマホームでは全てをタマホームの専属社員が行っているので安心できる点と中間マージンもかからずにコストを抑えられるのです。

 

 

こういった様々な工夫によって安くていい家を販売する事が可能なのです。

 

 

そしてさらに嬉しいサービスは、家を建築してから5年、10年、15年が経過していった時に定期検査をする事によって安全性の確認とメンテナンスが出来るので安心です。

 

 

大手住宅会社と同レベルの標準装備は付いているので、そういった点ではやはり全国規模で展開している大手住宅会社なだけあるなと思います。

 

 

さらに建設するスピードがすごく早いです。

 

 

それは全てタマホームの慣れた専属スタッフが行っているからでしょう。

 

 

最近はよく建設現場に日雇いのバイトを雇う会社も多いですが、タマホームでは一から十まで全て行っているので仕事の手順にも慣れているのです。

 

 

タマホームでは一応規定の設計プランも数多く用意していますが、それ以外にも二世帯住宅プラン等自由設計も出来るように対応しています。

 

 

こんな風に安くてもいい家が建てられるには、いろいろなメーカー側の努力と工夫があるのでした。


タマホームで建てるメリット

住宅会社は有名な会社からそれ程知られていない名前の会社まで沢山あります。

 

 

それでも家を建てたい時に施工を任せられる会社となると、ある程度は限られて来ると思います。大事な家族の生活の基盤となる家を建てる時には、重視したい点をクリアしてくれる会社を選びたいものです。

 

 

一戸建てを建てる時に気になる事と言えばやはり価格でしょう。そして同時に出来上がった家の質も気になるところです。

 

 

建築費は掛けたくないけれども良い家を建てたいという事は誰でも希望する事でもあります。材料やデザイン、機能に拘りをもって建築するのならば、いくらでも費用が掛かる事は当然の事であり、また安さだけを追求するならばいくらでもその希望を叶えてくれる住宅会社はあるようです。

 

 

安心してマイホームの施工を依頼できる会社とは、満足出来る家を建ててくれて、価格も最安値とは言いませんが、比較的安価で家を建ててくれる会社と言えるのではないでしょうか。そんな会社として評価をされているのがタマホームです。実際にタマホームで家を建てた方のブログ等を見ると、その良さを知る事が出来ます。それは価格と質のバランスが良いという事です。

 

 

それは予め出来上がっているプランを選ぶ事によってコストを抑える事が可能となり、それがタマホーム メリットという事になります。

 

 

タマホームの一戸建ては会社の目標でもある質の高い家を適正と言える値段で作る為に、コストパフォーマンスに拘り、資材については大量発注や仕入れをする事によりコストを抑えるという企業努力により多くのお客さんを獲得する事にも繋がっています。

 

 

誰もが満足出来る家を適正な価格で建てる事が出来るという、タマホーム メリットを知るにはまずタマホームのホームページをご覧になると良いでしょう。

 

 

オール電化やエコを考えた家づくりを知る事が出来る他、「お客さまの声」で実際に建てられた物件の外観だけでなく、その内部やその家に住んでいるご家族の感想等も掲載をされていますので、家の建築やリフォームを考えている方は参考にされると良いかも知れません。

タマホームのデメリット

ローコスト住宅として有名なタマホーム。
しかし、そんなタマホームでも少しデメリットがあるようです。

 

 

一番多いのが、CMやはじめ紹介される坪単価では、絶対に家が建たないという事です。

 

 

初めの坪単価は、最低限の使用の坪単価で、色々と好みを付け加えて行くと、倍近くの坪単価になる事もあるようです。

 

 

決して、豪華な仕様を選んだのではなく、一般的な仕様を選んでもこのように坪単価が上がる事は間違いないようです。

 

 

なので、初めの坪単価を信じると予定外の出費になるようです。

 

 

そうとは言っても、坪単価が上がったところで、ほかのハウスメーカーに比べれば、まだまだ安いと言った印象になるのがタマホーム。

 

 

しかし、基本の設計から少しでも外れると、坪単価は、もっと跳ね上がるようです。

 

 

基本的な間取りで十分と思われる人なら、良いと思いますが、こだわった間取りを希望する場合は、他のハウスメーカーと比べてみるのも大切です。

 

 

これらのようにタマホームの場合、初めは安く見積もりが出ますが、後から坪単価が上がってくるといったところがデメリットになっています。

 

 

その他にも、とにかく普通です。

 

 

壁や床なども普通。

 

 

間取りも普通。

 

 

これが安さの秘訣かも知れませんが、こだわった家を作る事は難しくなっています。

 

 

打ち合わせも設計士ではなく、営業担当者が行います。

 

 

なので、アイデアは、決まった感じの物ばかりになってしまいます。

 

 

また、担当者の当たり外れが大きいのもデメリットのひとつにあげる事になります。

 

 

営業マンの態度や、大工その他の業者の腕の違いで、まったく家の出来栄えが違って来ます。

 

 

営業マンにおいては、忙しいから仕方がないのか電話などの連絡事項を忘れる人がいたりと対応が様々のようです。

 

 

良い人に当たるとメリットはとつながりますが、悪い人に当たるとデメリットにつながってしまいます。

 

 

これらのようにタマホームには、いくつかのデメリットが存在します。

 

 

これらのデメリットを頭に入れたうえで考えると後悔しないマイホームを建築する事ができると思います。

タマホームの済み心地は!?

ローコスト住宅として有名なタマホーム。

 

 

実際、安かろう悪かろうな住宅なのか、建てた後に重要な住み心地について調べてみました。

 

 

タマホームは、全国各地で注文住宅を手掛けているハウスメーカーです。

 

 

そんなハウスメーカーの中でも、比較的価格が安く設定されています。

 

 

その為、住み始めたから不具合などはないのでしょうか。

 

 

色々と調べてみましたが、建物自体の不具合などはないようでした。

 

 

住み心地に関しても、冬は暖かく住みやすいと言っている人が多いようです。

 

 

新築初期に起こりがちな、壁紙が剥がれてくるなどの事もなくきれいな状態を保つ事ができるようです。

 

 

しかし、1年ほどで、壁紙の隙間が出てきている人もいるようで、これは、木造住宅の場合、どのハウスメーカーで建てても、大なり小なり仕方のない事だと思います。

 

また、中には床鳴りがひどいと困っている人も居ました。

 

 

子供が起きて泣き出してしまうほどと・・・。

 

 

そして、結露の悩みもあるようです。

 

 

結露は、気密性が高いと起きるようなので、これが良いのか悪いのかの判断は難しいかも知れません。

 

 

結露に関しては、シャッターを閉めて、外部からの冷気をシャットアウトする事で、少しは改善する事ができると思います。

 

 

これら以外に住み心地に関して、悪い評判はありませんでした。

 

 

これらの悪い評判に関しても、どのハウスメーカーで建てても起こり得る症状だと思います。

 

 

なので、決して、タマホームだからという事はできません。

 

 

反対に、価格のわりに何の問題もなく快適に過ごしていると言う人の意見の方が多いようでした。

 

 

造りも、ほかのハウスメーカーと違いがなく、住むことに関して、まったく支障がないという意見がほとんどで、中には、冬は暖かく、暖房も小さなもので十分と言っている人もいました。

 

 

光熱費を抑える事ができる家は、本当に住み心地が最高だと思います。

 

 

実際、タマホームで建築された人は、これらのように何の問題もなく、反対に快適な住み心地を満喫している人の方が多いようです。

タマホームの坪単価の相場

ローコストハウスメーカーとして有名なタマホーム、タマホームは低価格の物件と超有名人芸能人を起用したテレビコマーシャル、そして東京ドームへの看板など、最近は知名度がとってもあがっている住宅メーカーです。

 

 

今やローコストメーカーの代表的存在となっているタマホームは平成12年に福岡で設立した木造住宅メーカーです、最近では新築のみならずリフォームの分野においても広くその業務を広げています。

 

 

前述したとおりタマホームの特徴は非常に安い価格設定にあります、それ以外にもタマホームはローコストメーカーの中でも標準装備が充実しているメーカーと言えます、タマホーム以外にも標準装備が充実している住宅メーカーとしては一条工務店もありますが、

 

 

タマホームでは人件費を極力抑えたり標準的な仕様を設けて共通した材料を大量発注するなどの企業努力によってこの低価格が実現しています。

 

 

タマホームの坪単価の相場はタマホームの提示自体は約25.8万円となっています、これだけ見ると非常に安い相場ですが、これは計算の仕方に秘密があります、

 

 

この坪単価は総額を面積で割る方法と建物価格を面積で割る方法とで違ってきます、タマホームの坪単価は実は後者で、建物価格を面積で割って算出しています。

 

 

よって付帯工事費や施工管理、保証にかかる部分は覗かれている坪単価となっていますので、実際の総額では若干高くなることになります。

 

 

最終的に支払う金額から算出した坪単価と建物価格から算出した坪単価があることは覚えていたほうがいいでしょう。

 

 

逆に言うと、タマホームは坪単価に含む費用とそれ以外の諸費用を明確に分けているということが言えます、決して安く見せているというわけではありません。

 

 

確認申請や図面作成費用、性能保証機構登録料、仮説費用、オール電化対策費用、諸検査費用といったものは明確に分かれて明細に記載されるわけです、そういった意味では我々消費者にとっては料金がはっきりしていて明確といっていいでしょう。

タマホームの割引

タマホームは全国に展開をしている住宅会社で、自由設計が可能な注文住宅、リフォーム、賃貸住宅経営と様々なサービスを行っています。

 

 

特に一戸建て住宅ではオール電化プランの注文住宅「大安心の家」、価格を抑えた自由設計が可能な「木麗な家」、家族の好みを反映出来る「元気の家」、太陽光発電の出来る家「T-SMART」等他にも沢山の住宅プランを提供しています。

 

 

そんなタマホームは間に他社のメーカーや管理会社を挟む事無く、全ての工程をタマホームが管理する事によってコストを大幅に削減する事や、工期を短縮する事が可能となっています。

 

 

その為に他の住宅会社と比較してもリーズナブルな価格帯となっています。坪単価にして30万円から50万円と言われている価格は、それだけでも他のメーカーよりも割安感を感じる事が出来ます。

 

 

それでもタマホームではワンプライスの方針を取っています。全ての人に均一の価格で住宅の供給をする事を目的としていますので、初めからコストを抑えたプラントなっているようですが、タマホーム 割引は可能かという疑問を持たれる方も居るでしょう。

 

 

それでもワンプライス制をとっている中でも、交渉をしてみる価値はあるようです。

 

 

タマホーム 割引については営業担当の人との交渉となるので、オプションの一部の費用をサービスして貰う等の相談をしてみると良いでしょう。

 

 

同業の他社に比べてコスを抑えた価格となっている為に必ずしもタマホーム 割引が叶うとは言えませんが、基本的にはお客さんからの値引き交渉については受付をしているという事なので、少しでも費用を抑えたい時には契約の際にタマホーム 割引を切り出してみると良いかも知れません。

 

 

タマホーム 割引の交渉をする前に、他のメーカーの情報を予め得て相場を知っておく事で交渉をし易くなる事もあります。ただ「負けて下さい」という言葉よりも具体的な他社の事例を示す事で、意義のある交渉をする事が出来るようになります。値引き交渉にはそれなりの準備も必要と言えるでしょう。

 

 

割引きの方法は、他ハウスメーカーと迷っていますと営業マンに伝える事です。最初からタマホームしか興味ないと思われては、

 

 

割引きはしてもらえません・・・。事前に下記の「タウンライフ」で、他のハウスメーカーの総額を調べておいてください。

 

 

無料で各ハウスメーカーの総額や間取りがもらえますので、割引きしてもらうのに有効な資料となります。

 

 

また、いろんな会社の間取りを参考にできるので、失敗しない間取りができるはずです。